先生

家庭教師のサポートで力を伸ばそう|生まれ変わる自分

受験の意義とメリット

勉強する人

受験の意義

中学受験は地方であれば地元の中学に行く人が多いです。そして、そのまま地元の高校や大学に進学することが一般的ですが、家庭が教育に力を入れていると、中学受験や高校受験をさせるために塾に通わせます。中学時代にどれだけの勉強をするかで進学することができる高校や大学まで決まるといっても過言ではありません。大学までを見据えたものが中学受験と言えるでしょう。それというのも、高校の3年間だけでは一流大学に進学するために必要な時間は少ないからです。中学受験で受験方法や受験に耐えられる精神力を身につけることができれば今後の受験においても役立ってくれます。そのため、小学生の頃から塾に通わせて勉強することは志望中学合格以上の意味合いを持っています。

メリット

塾以外にも家庭教師や通信教育がありますが、やはり塾の方が優位性を持っています。それというのも、膨大なこれまでの受験データを保有しているからです。そうしたデータに基づいてテキストや科目ごとのカリキュラムが考えられています。そのため、非常に質の高い授業を受けることができます。これは集団指導塾と個別指導塾の違いを問いません。塾ではただ単に問題集を子供にやらせているだけではありません。記憶に定着するように授業を工夫しています。人間の記憶容量は繰り返されることで維持されることが科学的に証明されています。そのため、どこの塾でも反復練習を行っています。子供の将来を決定するのは大学と就職とよく言われますが、そのスタートは中学受験から始まっているのです。